カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

OGTT検査 iga腎症と糖尿病

今日は、OGTTの検査(糖尿病の検査)でした。

わたしが通っている病院(東京都)なんですが、主治医の女性の先生は如何にもエリートな雰囲気。


ハキハキしてて好きなのですが、忙しすぎるのか、お付きの若先生が仕事ができないのか取りこぼしが多いのです。

↑腎生検からのおつきあい。また腎生検については詳しく書きます。



それで今日のこの謎の検査も前夜から絶食だったのにもかかわらず、説明もうけないまま。



朝起きて、あれれ?朝ごはん食べていいんだっけ?!と病院に電話してみると、、、

「夜から絶食です!」


聞いてないし!!もうっ、本当しっかりしてよー。こういう検査は精度が大切でしょ。



前夜食べるのが早かったので検査はできるとのこと。よかった、よかった。



OGTTは糖負荷試験というやつで、要はブドウ糖のジュースを飲んで、時間ごとに計4回の採血をし、血糖値の上昇をみるわけです。


先週行った腎生検のときの血液検査であまりに高い血糖値とLDLコレステロールから糖尿病の合併を疑われています。ショックだなぁ。


ちなみにわたしはダンサーをやっていたので、痩せ型だとおもいます。運動はもちろん、食事も野菜中心で玄米食なのです。


糖尿病の疑いをかけられて、びっくりです。

甘いものも殆ど食べないし、しかも三温糖もつかっていないのに、糖尿病?!かぁ。きをつけていたつもりなんだけどなぁ。


しかし、我が母は糖尿病です。遺伝型なのかもしれないなぁ。


検査は大嫌いな採血をして、ジュースは激甘なものを飲みます。こんなジャンキージュース何年ぶりかに飲んだわ。

30分、1時間、2時間と時間をおいて、そのたびに採血をします。計4回。もう腕が青くなってきます。


しまった、夜仕事入れなきゃよかった、、。

こんなに採血する検査とは。


迷走神経反射がひどいので、全部ベッドで寝てやってもらいました。

上手な人と下手な人いるよね、採血って。


なんとか無事おわりました。

結果をまつのみ。。。