カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

波動測定をしてもらう 病気が波動で治るの巻

最近、応援していただくメールをいただいた。

とっても嬉しい。ありがとうございます。


また新たな出会いがあって、波動測定器をもっている医学博士と出逢った。なんでも、波動測定器をロシアから購入したらしい。


その波動測定器をつかえば、様々な体のことがわかるだけではなく、波動を転写することで病気が治るという。


眉唾もののトンデモ話にも聞こえるが、、

医学博士をもった先生が真剣に語る。

でも表向きにはだせないそうな。


いかんせん、試さないことには納得もいかない。

それで先生にわたしの身体をスキャニングしてもらった。はじめに相方がスキャニング。

指先と頭に金属のヘッドギアみたいなのをつける。

先生曰く、ヨーロッパでは医療行為として受け入れられてるそうな。

日本はまだ全然ダメらしい。

スピリチュアルに属するみたい。


まあ、超科学の世界だもの。

西洋医学で考えたら未知数だよね。

しかし、この波動測定器、面白い。

東洋医学と西洋医学が合体したような仕組み。


経脈なんかの流れも数値でみれる。このへんは鍼灸の世界だよね。

はじめに健康優良児の相方が測定。

なんと先生もビックリのほぼ90パーセントの高波動。

どうやら、波動が低いと紫色で低音がなる仕組み。

スキャニングで相方の身体はかなりの高スペックだと判明。

たしかに3秒で寝れるしね、あんまり考えこまないし、無農薬野菜で育ってるし、身体鍛えまくってたからなぁ。羨ましい!


そしてわたし。。。


ピーっ。

うわ、低音。

低波動やん。



しかし、ビックリしたのはやはり、喉、鼻、頭はかなりの低波動なのだが、iga腎症の腎臓はそこまでではない。


これはやはり喉とか鼻からiga腎症に来てるんだなあと直感した。先生曰く、波動の変形や乱れを転写で治すことができるという。とりあえず、転写してもらう。



いやー、効果のほどは一回ではわからないけど、スキャニングは凄いと思った。

なんだか、ヒントになった気がする。

やはり体の乱れはミトコンドリアの乱れかもしれないし。免疫を上げることが重要なんだな。



来週また波動測定しにいく。

あなたがそれをビジネスにすれば?と先生はいう。

勉強しないとな。これで、自分の身体も治せたら本当にいいな。


とりあえず、また未知数の世界へ誘われているようだ。