カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

iga腎症とイボの奇跡的回復

iga腎症といわれたら、まず扁桃腺摘出とステロイドパルスの治療を早急にするのが、いまの日本の医学では一番いいらしい。


それはわかっているんだけど、すぐに治療をはじめない理由がある。


私の場合、自覚症状として、2016年11月のNYの極寒の気温とトイレが見つけられず、膀胱炎と風邪をひいて帰ってきてから、すこぶる体調不良になったんだけど、そこで非常に興味深いことが起こった。


5年ほど前に突如、右手の薬指にイボができたのだけど、とっても小さいものがひとつだった。大して気にせず、時がたち2015年頃から数が続々と増えたのだ。


それで、いよいよ仕事や見た目にも酷いので皮膚科に通いはじめた。イボとはなんとも謎の現象らしい。私のできたものはヒトパピロマーウイルス感染によってできると聞くけど、最近子宮系の病気でも注目されているこのウイルス。


皮膚科の治療では結局昔ながらの液体窒素で焼く方法を進められた。

一応、レーザーや内服薬という選択肢もあるすらしい。内服薬(ヨクイニン)は一緒に処方してもらった。


はっきりいって、めちゃめちゃ痛い。そして、水ぶくれができて、水仕事ができない。

毎週通うのもめんどくさいし。

いま思えば、iga腎症に有効とされるBスポット治療の痛さに似ている。


先生いわく、

「これはひどい!何年かかるかわからない!」

とのお墨付きだった。


そして免疫が下がると良くないとのこと。

なんか病気って全部繋がってるよね。


2016年の11月の体調不良MAXのときにイボもMAXふえて、中指、親指にも増え続けていた。

いよいよ、手をひとにみせるのも恥ずかしい。



そこで私は無農薬のハトムギ茶やら、腫瘍を小さくしてくれるタヒボ茶など色々試してみた。卵巣嚢腫も再発してしまって、おまけにポリープもできてしまっていた。イボだって嚢腫だって、みんな身体のデキモノなわけだ。毒をだしたがっているに違いない。


そして、病院の治療があまりにも痛く、苦痛とその後ジュクジュクになり、手が使えないと仕事もできないので民間療法に切り替えることにした。


調べてみると、ナスのヘタを塗りつける、イボ取り地蔵にいくなど色々ある。イボ取り地蔵は最後の切り札にしようと思った。とりあえず、三次元の治療から試した。


ナスのヘタははじめはよかったんだけど、痒くなってしまって、ますます酷くなったので途中でやめた。


それで、ビワの葉エキスがよいとの情報を経て、ビワの葉をとりにいき、毎晩ビワの葉エキスをコットンに含ませて寝ることにした。以下エグい写真を載せておきます。苦手な方は要注意!





あとはイメージ。絶対に治るという確信と覚悟。するとどうだろう。1週間もしないうちにみるみるイボが縮みだした。





びっくりと同時になるほどと思った。

あんなに病院で痛い思いをして、焼いても焼いても全く反応しなかったイボさんたちが、縮みだしたのだ。(さんをつけてみる)なんだろう、そのときは身体と繋がっている感じがした。



そして2週間ほどですっかり綺麗になり、いまやイボがあったことなど全くわからないレベルまで回復したのだ。どうでしょう?





その経験から、私は身体が喜ぶことをしてやりつつ治るというイメージが大切なんじゃないかと確信している。それも治ったらいいなではなく、覚悟みたいなものが必要だと思う。



それまではわたしはズルズル中途半端に治そうとしかしてなかったようにおもう。仕事が忙しいとか、友人との予定を優先したりとか。でも、本当にこのままじゃやばい!なによりもこのことに集中しよう!と覚悟してから身体が反応しだしたのだ。



それで、きっとこのiga腎症やその他の病気、エラーたちもきっと身体の声をちゃんと聞けば治るような気がしている。

だつてエラーが起きているってことは、身体が教えてくれているんだ。知らず知らずのうちに体に負担がかかっているか、間違った生活をしているか。もしくは、心の問題が身体にでているか。

だから、いまはいろんな情報と心のトレーニングを強化中だ。