カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

普通ってなに?母との喧嘩

母がきた。もちろん、心配してのこと。

とてもありがたい。


なんていったって、iga腎症と糖尿病の境界型にいる。卵巣嚢腫もポリープもある。

結婚もしていないし、いまの仕事は続けられなさそうだし。東京で暮らすことも迷っている。

心配かけて、申し訳ない。



でも、前向きでいるつもりだった。

身体は正直だし、わたしの身体で起きた以上わたしの責任だ。

これをプラスの力に変えたいとおもっているけど。


母は心配の度がすぎて、過干渉してくる。

「普通は、、」

「一般的には、、」


わたしはこの言葉が大嫌いだ。

普通ってなんだろう?!


一般的って。

それは誰が決めたことで、ちゃんと自分で落とし込んで考えて選んだこと?!


みんながいってるから正しいは、わたしにとっては正しくない。


人それぞれだ。

価値も。


たとえ、病気だっていろんな治し方がある。

どれに価値をおいて、日々の生活をどれだけ充実して過ごすか、納得して治療できるかのほうが私は大事だと思っている。


例えばそれがいわゆる、一般的じゃなかろうと、その人が納得して決めたことならそちらの方が大切なこと。


自分軸で生きること。

身体はいつもそれを教えてくれる。


そして、自分で調べてちゃんと考えること。

感じること。それがきっと真実だ。



他人の真実と自分の真実は違う。

それがあたりまえで、自然なことだ。


自然をみれば、そうなっている。

いろんな人がいていいし、いろんな価値観が存在する。


病気だって、個性と同じ。

自分のために起きていることなんだから、

普通や一般的なことも知っておくに越したことはないけど、まずは自分で自分を知ることが

大切なんじゃないのかな。


周りに振り回されず、私の体は私と対話したいはずだ。