カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

モデルちゃんとの言霊談話 ハプニングを楽しむ能力

今日は仲良しのモデルちゃんと仕事。

2年前に会った時はボロついていた

彼女はいまや母であり二人目をご懐妊中。


当時、彼女は長くつきあっていた人がいて

うまくいかなくて、ズルズルしていたんだけど

しきりに子供が欲しいって悩んでた。


美人で何もかも持っていそうな人でも

いつもみんななにかしらの悩みがある。


彼女はそこから劇的に変化して、長年友達だった人と4ヶ月で電撃結婚をして、子供がすぐに生まれた。


そのときはツワリもなにもなかったんだけど、二人目はひどくていろんなことがうけつけないという。


「たぶんね、男の子だと思うのよ。血液型も違うんだと思う。全く違う性質のものがいると身体が拒否反応酷くてね。」


面白いことがあるもんだ。

人間の身体はいつも神秘に満ち溢れている。


彼女は生き生きしていた。


「何が変化のきっかけだったの?」

ときいたら


「うーん。言霊かなぁ。やりたいこと、したいこと全部言いまくってた。そしたら、思いもよらない展開でその通りになったんだよね。」


「いまの旦那さんは全く好みじゃなかったしね、でもねぇ。他の人にも惹かれてたんだけどね。君には俺が良いと思うよ。って言われて、変わらずいつも優しい彼にこのひとだなって思ったんだよなぁ。」


と幸せそうに呟いた。

なんだか、いいなぁと思った。


自分の周りに起こることは、自分に起こることの前兆だったりする。



「はなちゃんの病気はなおるの?」


「うーん、、、。現代医学では難しいから難病だけどね。自分じゃ自覚症状ないしね。でも、治るとおもう。」



「そっかぁ。言霊凄いもんね。子供うんだらハプニング減っちゃてさ、ネタ欲しいから今度飲みに行きたいな。」



ハプニングを楽しめる彼女ならではのユーモア溢れる会話だった。

言霊の力は凄いらしい。



彼女の人生は思いもよらないタイミングで、

でもどこかでそうなったらいいなと思い続けたことが現実になった。



わたしもそうなったらいいな。