カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

難病役で映画にでること

思わぬ展開で

難病役の映画の仕事が来た。

私が難病だからという理由が大きい。



病名は違えど、台本を読むと

わかるわかるという感じ。



演技の仕事は1年ぶりだけど、

引き受けることにした。

自殺未遂のシーンや、結構エグいシーンもたくさん。



飲み込まれないようにしなきゃな。

でも希望もある。

自己免疫系のお医者さんがスポンサーになっている映画のらしく、本物のお医者さんと会う機会も増えそうだ。



同じ自己免疫疾患のことも相談できそうだし、

最後は希望に展開していく話らしい。



わたしのダンスシーンもはいることになった。

いままでの経験が全て役にたつ。




しっくりこないお医者さんとの対面シーンや。

どうして自分が病気に?!と問うシーン。




演技をしているのか、本当の自分なのか境界線が曖昧だ。

周りにはわかってもらえない辛さや、葛藤。

映画を通して何かを伝えられたらいいな。




人生、無駄なことなんて何ひとつないのかもしれない。

わたしの生き様は表現に転換していくし、

周りもどんどん展開していく。



雨の音で覚めた。

今日もまたかけがえのない1日がはじまる。

いろんなこと洗い流して、未来に進もう。