カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

Bスポット治療、再びと 新しい境地

リウマチ先生の言葉から、半身浴と自炊を強化した。免疫を高めるには温かいものがいい。内臓を冷やしてはいけない。


暑いけど、、、氷を使う食べ物、飲み物は極力やめた。

リズムも前よりは意識する。

寝る時間は相変わらず遅いけど。


でも、楽しいことで埋め尽くした。

やりたかったこと。小さなことだけど。

浴衣で歩くとか、そんなこと。


行きたい場所にいく。たべたいものを食べる。

Bスポット治療も再開した。

先生はこういった。


「あなた何も治療してないんでしょ?

覚悟きめてさ、扁桃腺炎とるとか、Bスポット毎週くるとかやったほうがいいんじゃない?放置してもなおんないよ?」


「そうですね。頑張ってきます。Bスポットがんばって、生活変えてみてダメだったら扁桃腺炎考えますね。。。」


相変わらず悲鳴出るほど痛いけど、がんばる。

そして久しぶりのT病院へ。

検査尽くし。。。


先生がびっくりしたように

「あれ?随分タンパクが減ってるなぁ。

こないだは風邪でもひいてたのかな?

これだったら、扁桃腺炎摘出いらないかも。ステロイドも様子みてみましょう。」



なぬ?!こないだはもう扁桃腺炎摘出かステロイドやれって言ってたのに。危ない、危ない。

あそこでやんなくてよかった。と内心ほっとした。



やったことといえば、Bスポット治療と半身浴と自炊。あとは愛のある生活。毎日笑う。

そんなことくらい。


びっくりだ。

やっぱ、治せる。


新境地。


そして、報告しがてら一週間あとにBスポット治療へ。先生が今日はニコニコしていう。


「前に話したかもしれないけど、僕の娘の英語の先生がi ga腎症でね、妊娠しちゃってステロイドも扁桃腺炎摘出もできなくてね、はらはらしてたんだけどね。結局、Bスポット治療だけで治ったんだ。2人も妊娠したんだよ。すごいよね。そういうひともいるから。」



そうなんだ!タイムリーな話だ。

わたしもいまそこの境目。妊娠はリスクが高い。

でもそんな人もいるんだな。


わたしも諦めない。