カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

病気を開き直る iga腎症と楽しく暮らす

今日のごはん

タンパク尿 ±

潜血尿 +3


だいぶご無沙汰!iga腎症と糖尿病の私がお店をオープンして10日目。いやー、想像以上にハードでした。そりゃ、そうだ。

お金があるわけじゃない。おまけに病気。

内装も自分たち。


寝る時間は2時とか3時。

せめて食事だけはといいつつも忙しくて作れない。塩分とタンパク質と戦いながら。


疲れてくると気持ちもジャンキーになってくる。ラーメンたべたい、、飲みたい、、。

しかし、そこはがまん。


玄米おにぎりを持参し、トマトをかじり耐えているのだ。しかし、バッティングセンターにいるのかのごとく次々とやることがあらわれてくる。


経理やら、仕入れやら、宣伝やら、フードやらもういっぱいいっぱいである。



ビジネスパートナーのおさな馴染みがついにパンクした。

イライラマックスで顔は強張り、キレる。



いかん、、、腎臓に怒りは厳禁なのだ。

ここでわたしが怒ったらアウト、、

しかし、わたしも身体がそろそろ限界。



心は前向きだけども。睡眠時間が足りなさすぎる。やっとここまで回復させたiga腎症。



しかし、わたしも限界で彼女を怒ってしまった!


「いまは辛いけど、未来を考えればそんなことにくすぶってる場合じゃないでしょ!!なんでもやるまえからできない、できない、無理とか。そんなこといってるひとは、できるわけない!やってから言いなよ!自分の可能性に線引きするな!

なんでもはじめは大変なんだよ!私も命削って、少しでもハッピーに向かいたいんだから!」



わたしも遂に爆発。しかし、彼女は泣きながら

「わかってるよ、、。」




遂に開き直ったわたしは、おきゃくさんにも病気を伝え、タバコは外でお願いし、病気なんで23時にしめまーす!とことを進めることにした。


だって、病気だって治るかなぁーなんて思ってたら治るもんも治んない。

みんないつ死ぬかわかんないんだから、やりたいことやって、自分に正直に生きる時間のほうが貴重じゃない。



できない、できない、無理って本当に限界までやったの?といいたい。

なんでも他力本願じゃ、そりゃ自分の思うようにはならないかもしれない。



でも、なんでも切り開くのは自分。選ぶのも自分。病気になったのも自分。



じゃ、治すのもコントロールするのも自分。

周りに振り回されている場合じゃないんだ、こっちは。



身体がいま故障してんだから、仲良くつきあっていづれ元に戻ってもらわなきゃ困るもの。



というわけで辛口なわたしなのでした。

結構、人が来てくれているのよ。

頑張るぞ。