カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

Bスポット治療とiga腎症 学会の情報更新

事業を立ち上げてから、あまりの忙しさに段々と食事が疎かになり、睡眠不足が続いた。


検尿検査も如実に悪くなり、とりあえずBスポット治療にやっといけた。

先生は、あなたの鼻は曲がっているから難しいとマイクロスコープをいれ、激痛で鼻からも目からも涙がでて、唸る。


こんなに痛いのは久しぶり。

でも自分で招いたことだ。

耐えるしかない。


先生はうーんといいながら



「だいぶ空いたしね。5段階中3-4で、悪いです。また、やりましょう。

このあいだ、学会でね、iga腎症になる人のことがでたんですけど上咽頭炎ある人は、マイコプラズマ肺炎になって咳が止まらない日々があって、上咽頭炎からiga腎症になる人が多いという意見があったんですよ。あなたはどう?」


「自覚あります!!肺炎だったかはわからないけど、とにかく咳がとまらなくてずっと続いていました。iga腎症になったのは、そのあとです!それに、上咽頭炎の調子か悪いと潜血反応が悪くなるんですよ。だから、わたしの場合当てはまると思います。」



「なるほどねー、まあ、次予約がいっぱいだから、1ヶ月後だけど予約とっておきますか。」


くぅ、、、一か月後か。

一週間に一回はいきたいところ。

痛いし、辛いけど。



ミサトールリノローションは購入して、毎日の消毒は行う。



うーん、ということは上咽頭炎の人が多いんだな。

そのあと、焼けるように喉と鼻水がでる。

仕事が全く手につかなかった。



しかし、休めない。鼻炎の薬は飲みたくない。

腎臓を守らねば!

ということで桑の葉と蓬を煮出して飲む。



しばらく調子がよい。いや、しかし寝不足は本当に腎臓によくない。

どうにかせねば。



店はやっと落ち着いた。

宇宙治療の先生も来てくれた。

たばこも禁止にしているし、夜だけ早く寝れればいいねとのこと。


そうだよね。

それがなかなか難しい。

今日は出演していた映画の試写会だった。


もう2.3年前になる。


この頃はどん底だったな。

どん底な役だったからなんとかできた。

演じている自分が随分遠く感じた。

その後病気になったけど、きっとこの頃の辛い出来事が関係しているはずだ。




精神的にはずいぶん強くなった。

だから、病気だけど幸せ。

もっと身体を労らなきゃな。