カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

iga腎症 転院 驚きの結果、大逆転



今日のごはん 、撮り忘れたので今日の採血。

5本。

紆余曲折を経て、いよいよ転院に踏み切った。

わざわざ名古屋まで行った病院で紹介していただいた、東京のT病院。



前の病院に比べて、テキパキ感が違う。流石、大病院。先生は男の先生。


「〇〇先生の紹介ですね。ほぉー、ちょっともっと詳しくみたいんで、また検尿、採血、CTスキャンとやってもいいですか?」


採血は5本、CTに、検尿をこなして診察室へむかう。血圧も、瞑想しながら行う。

117、72、97

自分にしては、なかなかよい。


「あなたの場合、扁桃腺摘出は必要ないとおもいます。それに潜血もタンパクも減ってますね。このかんじなら、様子見して経過観察するべきです。」


なんと、検査結果ががらっとかわってきている。血糖値も下がり、コレステロールも低い。

タンパクも0.4まで減っている。信じられん。

クレアチニンもよいかんじ。

潜血はまだあるが、最近Bスポット治療をサボっていたし、寝不足もあった。これは、反省。しかし、ちゃんとすれば減っていくことは確証済みだ。



「あのぅ、貧血はどうでしょう?」


「この数値なら問題ない!むやみにビタミンcだの、鉄剤だの飲む必要ないとおもいますよ。


マジか!


「あのぅ、妊娠はどうでしょう?

年齢もありまして、、、。前の病院では絶対やめたほうがいいと言われました。」



「え?!ぜんぜん、だいじょうぶだよ。

もちろん、経過観察次第だし、随時報告してもらうけど僕はだいじょうぶだとおもう。iga腎症のひとはたくさんみてますから!」



「え!うれしい!本当ですかー!」



「なになに、人生真っ暗みたいに思ってたの?!こんなんで、パートナーとの関係悪くなっちゃもったいないでしょ。妊娠だいじょうぶって書いておきますから!」



前の病院では、妊娠は絶対無理、いますぐ入院して扁桃腺摘出、ステロイドパルス、インスリン注射と言われていたのに、完全にひっくり返った。



びっくりである。

しかし、この数値の変化は絶対に確信しているのは、食事療法や心のトレーニングのおかげだとおもう。


だから、絶対にこれからどんどんもっと変化していくに違いない。

経過観察でいいのだから、思う存分自己治癒力を高めることに集中できる。


次は10月31日。それまでにもっともっと

心と体の声をききながら、細胞を活性化するのみである。



心も身体も元気になるのをコンセプトにしたお店をオープンした。

毎日死ぬほど忙しいが、楽しい。

とにかく、ワクワクする。

そして、人が元気になるのをみて自分も元気になる。



ありがたい。いい病院だったな。

紹介してくれた先生に手紙とお礼を送ろう。



いまのわたしにぴったりの病院に行き着いた。

秋分までは、新しい人生の流れに変化するらしい。自分にあうもの、あわないものを見極めて選ぶ。そして、捨てていく。


とてもシンプルなことだけど、身体にも心もブレない軸になっていくとおもう。



ヨガとメディテーションの様子。

呼吸は音をこえる。


呼吸は意識と繋がる。


心と体をつなげる大切なパイプラインだ。