カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

腎生検入院初日 怪奇現象なのか、緊張なのか、謎である。

初めての腎生検 (入院初日)


入院は午後2時から。

すごぶる身体は元気で、踊れるほどなのに明日の腎生検をうけたら24時間拘束で動けなくなるなんて信じられん。


ルームメイトの相方が付き添いできてくれた。はじめに部屋が空いてないので特別室という25000円もする個室になりましたと説明を受けて、内心大喜びしたのも束の間、「すみません!こちらの手違いでした!」でちょっとガクン。


わたし以外は、大部屋はみんなご高齢の方々ばかり。言語障害なのかな、叫び続けているおばあちゃんとか、うめき声が聞こえてきたり、若干カオスでやや不安になります。


まだ、せめて窓際なのが救い。ただ、なんとなく病院にくるとどよーんとして、洋服でいるのもなんか変なので、寝巻きに着替えてみる。


早速説明をうけて、採血に。7本くらいとったかな。わたし、採血したあとに殆ど倒れてしまうので、寝てやってもらうことに。迷走神経が弱いんです。


やはりフラフラするので、早速車椅子に乗せられてレントゲン、心電図とつづく。

外来の前を通るときの目線が気になりつつ、完全に病人だな。


その後夕食がでて、就寝。

しかし、薄味をストイックにやっていたためなんだか夕食が濃く感じてしまう。


消灯したあとも、全く眠くないのと、まわりの雄叫びで眠れず。ウォーとすごい声といびき。

いや、個室にすればよかった。


ねれないー、ねれないー、と叫びながら

宇宙服(usaatoさんの服のこと)をまとってゴロゴロ。※宇宙服のことはまた書きます。


すると服が急にポカポカ熱くなりだして、ウトウト。シャッとカーテンがあいて

だれかがのぞいている。がしかし、ナース服でもない。

ボブヘアくらいの女の子。


謎です。。。

病院だしね。

そのままみなかったことにして、また眠りにつこうとすると、腰あたりをトントンたたかれて、はっとみるが誰もおらず。もう、怪奇現象続出。夏至だったし。



その後、謎の声が語りかけてきて1時間。

いよいよ精神がおかしくなったのかと思いつつ、緊張してるんだ自分!といいきかせてやり過ごす。


気がついたら、おばちゃんたちは起床していた。ほぼ、一睡もできずげっそりしたわたし。顔は土気色だし、クマもばっちり。


看護師さんも心配そうに

眠れなかったですか?!とのこと。

はい、、、と落ち込むわたし。


そんなこんなで入院初日は終わりました。

死にそうなわたしの悲劇は続く。


教訓


◯入院は神経質な人は個室がいい。特に初日。腎生検日。