カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

Bスポット治療と波動測定 。 自律神経と波動の関係。

お久しぶりの更新。

病院は月一回、経過観察で血液検査と検尿をする。

今月はまあまあよい。

タンパク、潜血ともに➕1

前回よりも下がった。



まじめにやっていることとしては、Bスポット治療。一時期はステロイドパルスと扁桃腺摘出をゴリ押しで進めていた先生がBスポット治療を頑張りなさい!と前向きになってくれた。不思議だ。



Bスポット治療の耳鼻科の先生もはじめは冷たかったし、ステロイドか扁桃腺やったほうがいいんじゃないの?って言っていたのが、Bスポットで治った人もいるからねぇと優しくなった。



そして、3回目の波動測定。

前回は相方との喧嘩でボロボロ状態だったのでかなり結果が悪く、色々限界だった。

倒れる寸前だったように思う。



今回は仲良しだったし、ごはんも気を遣った。

結果は如何に。



やはり腎臓はやや低下気味ではあるが、上咽頭、肝臓に疲労が溜まっているようだ。

測定師曰く、腎臓、肝臓、子宮は特に神経系に通じているので感情やストレスとかなり密接な影響をうけるとのこと。



判定の結果、私の身体はかなり精神面に影響されることがわかり特におすすめのサプリとかよりも、体と心が喜ぶこと、自然と共に生きることが一番特効薬だそうだ。



一応身体に合う食べ物をみてもらったところ。。

ラム肉!

これは全然食べないわ。

最近鶏肉と豆乳を毎日食べていたので、摂取が多すぎるよう。



黒い文字はあまり摂取しないほうがいいもの。

波動を下げるもの。つまり私にとって、免疫がさがるもの。

アイスクリームは最悪だ。

やっぱり乳製品はあわない。

好きなんだけどね。

生理の時顕著にでる。

胸がはったり、身体がだるくなるし、生理痛が重くなる。



なかなか面白い結果だった。私の場合ほぼ、自律神経の乱れからきているらしい。納得。

そして測定師から遠慮気味に意味深な質問。



「あの、もしかしてものすごい強い薬を飲んだとか、霊感とか霊的なものに敏感とかありますか?」



薬は一切飲まないけども、、、

霊感はありまくる。



その趣旨を伝えると、やはり、、、と測定師さん。

普通ならなかなかでない数値が全体にでているんです。この白っぽいの。測定を続けていると、共通しているのは強力な薬か、霊感なんです。


それで、その場合は従来の常識をお伝えしても意味がないので、アドバイスが変わってくるんです。



とのこと。ほぇーー。

波動測定、そんなこともわかるんだ。

まあ、でも話をきいててまとめると

わたしにはおそらく薬やステロイドは合わないということ。



自分の波動をあげること。

自律神経を整えること。

これにつきます。

わかってたことだけどね。



波動をあげるためには、ネガティヴなエネルギー、心配、不安、恐れ、罪悪感を手放していくこと。

感情テストでもかなり過去のトラウマって出てくるから。根が深いのね。



まあ、これらがわたしの病気の原因としては密接なんだけども。あとは口呼吸。

呼吸を深くしたい。



まだ、夜にたんが溜まったり咳がでる。

なんか喉にいるんだよなぁ。

これが治ればだいぶ違う気がする。



空気のせいもある。

さて、今日もBスポット治療。

イタイけど、がんばるよ。