カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

人間関係のストレスとヘルペス 身体と心の関係

今日のごはん


タンパク尿 不明

潜血尿 不明

寝不足

体調 △

晴れ

東京


今日はウリエースがきれてしまい、尿検査ができなかった。最近ずっとストレスを溜めないように気をつけていたけれど、今日は久々に泣いた。



新しいビジネスの打ち合わせでなかなか思うように伝わらず、感情的になった。

病気がなければ、、、もっと出来るのにっていう気持ち。いつもだったら、徹夜してでも話していたのに。

けれど、それがダメだったんだ。

いさぎよく、諦めなきゃ。

まだ、慣れない。



ビジネスといってもビジネスライクな付き合いのひとたちなら、そんなにパワー使う必要もなく、大人の対応をしていればサクッとおさまることだったとおもう。



けれど、仲間だったりパートナーだったりすると納得いかないことや小さなことも、大切にしていかないといつかほころびる。

花が毎日水をあげないと枯れてしまうように。

人との人の関係もみえないけれど、エネルギーは常に影響しあっていて、身体の感覚はいつもそれを教えてくれている。



納得してまあいいやと思うのと、納得していないけどまあいいやと我慢すること。はじめは小さなことでも少しずつストレスは積み重なって、結局いつか行き場がなくって爆発する。




人が増えれば増えるほど、複雑になるし、家族であっても恋人であっても、相手を尊重できなくなれば、いつか歪んだ関係になってしまうだろう。




身近なひとほど、あぐらをかいてはいけない。

大切に大切に育てなければ、気がつかないうちに、もしくは気づいてないふりをしているうちに修復不可能になる。




なにかのキッカケでトリガーが働けば、一気にガラッと崩れて壊れてしまう。

だから、はじめのうちにぶつかってでもコミュニケーションをとる。誠実に。繊細に。




身体も同じ。

同じように影響をうけて、積み重なっていく。

みえないうちに、複雑になってエラーがおきていく。




iga腎症になってから、どんどん感覚が鋭くなっている。



わたしが感情的になった瞬間、唇の端でヘルペスがジワジワ痛み出した。しまった、、、

でも、涙が止まらない。

どうして伝わらないんだろう?




ヘルペスはどんどん大きくなった。

けれど、諦めない。

わかってくれるまで伝える。

受け入れる。

エネルギーをつかう。

大切だから。このヘルペスが元はといえば、

わたしのこのIga腎症をみつけてくれた。



心を落ち着かせて、話し合いをする。

気がついたら11時間も経っていて、最後にやっとちゃんとエネルギーの交換ができたとき、心はジワッと暖かくなって、ヘルペスの痛みがピタッと止まった。




身体は知っている。

心と繋がっていること。





頑張りすぎちゃいけないこと。

循環することで、バランスが保たれること。




ヘルペスは感情的になる癖をやめなさいと訴えていたのかもしれないし、




いまは身体に集中するときで、のめり込みすぎてはいけないよという、注意喚起だったのかもしれない。





どちらにしても、感情と身体は深く繋がっていて、いつの間にか染み付いてしまった心の癖や身体の癖がちゃんと素直に反応しているのだなと思った。




東京にもどったら、なかなか早くねむれない。

やることが押し寄せてくる。

けれど、どこにいてもだれといても、結局は自分次第なんだ。




エンパシーが昔よりもどんどん強くなっている。相手の感情が入り込んでくる。身体はそれに反応して、混乱している。

ひとりでいるときにちゃんと地に足をつけて、

身体の声をもっと聞こう。



答えはいつも自分の中にあるんだ。私が治る方法は私が知っているはずだ。