カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

iga腎症 足裏やくるぶしが痛い→回復するのに試してみた


今日のごはん

●小松菜、バナナ、フラックスシード、エゴマのジュース

●チコリときゅうりとプチトマトサラダ

●ジャガイモのバジル和え

●ライ麦パン

●オレンジ

●自家製蜂蜜

●豆乳と酢とレモンのドレッシング


晴れ 体調 good

タンパク尿 ±

潜血尿 +2


世の中はお盆ラッシュ。いままでお盆にでかけたことはないが、田舎の空気が綺麗なところに再び帰省することにした。

iga腎症が発症してから、気になる症状があった。それは、朝起きるとどうにも足のくるぶし周りが痛くて歩けないのである。

ダンスで激しく動いて、筋肉痛になることはあったが、それとは違うなんだかくるぶし周りが痛い。

しばらくすると、治るのだが起きてしばらくは痛いので階段を尻もちしながら降りていた。



どうにかならないものかと色々相談しにいき、試してみた。


1.東洋医学

中国人の有名な鍼師に鍼を打ってもらう。

太い鍼をうち、電流を流す方法だったがあまりに痛くて途中で断念。とりあえず、扁桃腺摘出とステロイドをやって腎臓を治せというアドバイス。


2.東洋医学

近くの接骨院で細めの鍼をうつ。

院長の判断では、腎臓とは関係ないという。足裏の使いすぎと診断される。痛み止めの塗る薬を処方される。



3.西洋医学

大病院の先生に相談する。

糖尿病とは関係あるかもとの見解。具体的、処置法はアドバイスなし。とりあえず扁桃腺摘出とステロイドパルスをやりましょうという見解。



4.東洋医学

漢方の先生に相談する。

これは大いにiga腎症と関連していると診断される。肺の機能も悪いからだと指摘される。

食事を変えろとアドバイス。



5.宇宙医学⇦勝手に私がつけた

足のくるぶし、足裏のツボや経脈は腎臓と膀胱に関連していると指摘。呼吸法の活用をアドバイスされる。


ざっとこんな感じである。

以上をまとめて、とにかく扁桃腺摘出とステロイドパルスでまず腎臓を治せ(治るかは不明)というパターン。私の場合、自己治癒力で治すを目指しているのでこれは置いといて。



残るは食事両方と呼吸法である。

それらをやってみたところ、2ヶ月ほどで最近すっかりよくなってきたのでそれのお陰なのか確かめようがないけども、糖尿病、腎臓病によいとされる方法なので参考になるかもしれない。



食事はそれぞれの体質によるので、自分のパターンにあったものがよいとおもう。



とりあえず、やってみたこと。

以下腎臓病によいとされる食事療法を私なりにやれるところでとりいれた。


●塩分は6g以下

●添加物、加工食品は食べない

(ハム、ソーセージとか✖︎勿論お菓子全般)

●野菜をたっぷり、時々魚と肉

●たべかたを気をつける

食物繊維→タンパク質→炭水化物の順番

●ごはんは、玄米、パンは全粒粉

●禁酒 1ヶ月に1、2回コップ小1杯ほど

●砂糖は甜菜糖かハチミツしか使わない

●ヌメリものを食べる

オクラ、モロヘイヤ、ツルムラサキ、めかぶ、もずく、こんにゃく、納豆

●飲み物は基本、お茶か水

1日コーヒーは2杯まで⇦大好きなので

(身体を冷やすのとカフェインはいってるので飲み過ぎかも)

桑の葉茶(腸内で糖の分解酵素の働きを妨げて、ブドウ糖の生成を抑えるそうです)

●乳製品を、控える

●トランス脂肪酸はとらない

(マーガリン、ココナッツオイル、インスタント食品など)

●緑茶、コーヒーは時間をおいてのむこと

(鉄の吸収を妨げる成分があるので、鉄を含む食事と一緒にとらないこと)

●夜9時以降は食べない

●タンパク質は少なめに 良質なものを選ぶ


運動

●とにかく散歩する 食後30分後

●お風呂は毎日、ヨモギ湯につかる

●毎晩、深呼吸と瞑想を3分やる


以上をやったところ、気がついたら足裏もくるぶしも痛くなくなっていた。

自分的には、タンパク尿が減ってきたのも関係しているように感じる。



最近、毎朝爽快なのである。

体が軽い。今日から新鮮空気になるので、綺麗なプラーナをとりいれて、またパワーチャージしたいと思っている。ネイチャーライフは22日頃まで。目標は潜血尿を+1から±を目指したい。色々、身体がよろこぶことを試してみよう。