カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

カラダノコエをきく 高熱が下がらない理由

朝から高熱がでた。めずらしく38度超え。

タンパク尿、潜血尿共にまあ、悪い。

一昨日の病院で、風邪かインフルを拾ってきたのかもしれない。


腎生検をしてからのこの半年以上、かぜという風邪はひかなった。気をつけていたのもあるし、穏やかな日々だったからかな。


しかし、久しぶりの熱よ。

立てない。

でも、頭は明晰。

咳も少々。

一緒に住んでる相方は35度8分しかない。

でもだるいらしい。


心配した彼が会いにくる。

うつしたくないんだけど、大丈夫だという。

やはり免疫が高い人は信念も強いのだろう。

差し入れをもらう。

たまにはぜいたくぷりんを。



腎臓病に高熱は最悪だ。薬のみたくないし、グロブリンたちは荒れ狂うし。

ミサトールはしみまくるし。

ビワの葉で何度もうがいする。



日本酒塩風呂に入ってみる。

ちょっとスッキリする。

明日は大事なリハがある。

何としてでも熱を下げたい。



でも、この熱がでたのには心当たりがある。

たぶんわたしは心で拒否したいことがあったり、身体で拒否したいことがあると、勝手に熱がでる。

頭で考えてもどうにもならないときは特にそう。



だから、納得している。

罪悪感に耐えられないから、身体がわかりやすい理由を作る。身体が心を守ろうとしている。

そんな感じ。



カラダノコエは正直すぎる。

もう少し鈍感でもいいのになぁ。



潜血反応が一番減っていた生活に戻さなきゃな。まずは、この熱をさげて。

好きな人たちと心地よく、真っ直ぐな気持ちで過ごすことができれば、病気が全部治りそうな気がする。



だって、それって一番自然なサイクル循環だもの。根本がそうであれば全ては繋がって、動きそうだ。特に私みたいに精神と身体がプラグインしやすい人は。



でも、まだまだまだ前途多難な出来事が盛り沢山でもあって。逃げるわけにもいかなくて。

心が折れないように、いつも小さなことに感謝できる自分でいよう。