カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

あなたの病気は病院では治らない 四度目の正直

今日のごはん 醤油なし寿司

タンパク 潜血 ×

体調 まあまあ 喉がおかしい ⇦タバコの煙のせい


私のアシスタントをしていた子がカナダに留学していたのだが、東京にもどってきた。

久しぶりに会う。近況報告していると、なんと彼女はヨガの講師になっていた。私も習いたい!



私の身体を考えてくれた素敵なお土産をもらう。ターメリックはiga腎症にも良いらしい。

ありがたい。



病気については色々あったことをザーッと話した。標準治療を勧められたが、いま現在は受けていないこと。自然治癒を目指していること。

ふとした縁で沖縄のユタやシャーマンにあって言われたこと。美川憲一&ドラえもん先生の話など。



すると彼女が突然泣き出したのである。



「すみません、、、」彼女が目をおさえながら、話を聞いている。

わたしは、病気に同情してくれて泣いているのかしら?くらいにしか考えていなかった。




色々話がおわり、前向きなかんじでお互いの今後について確認がおわり、別れ際。。。



「最後に一言だけ言ってもいいですか?」



「うんうん、なに?」



「わたしの母にあなたの病気の相談をしました。難病だということも伝えました。

それで、、、、。

母は言いました。

はなさん(⇦ニックネーム)の病気は病院では治らない。何をしても治らないだろう。

彼女のは巫病だから、彼女自身で治すしかない。

と言っていたんです。だから、言おうか迷いました。でも、はなさんは自分でそこに導かれて辿り着いていた。それでそのことに私は泣いていたんです。」



なんと。。。


そういえば、6年前彼女の母にはじめて逢って挨拶をしたとき、謎の予言をされたんだった。

はじめて会うのに、しかも私は彼女にとっては師匠な訳なのだが、彼女の母は逢って早々、



「あなた、、、自分でわかってるわよね?

いいの?自信はあるの?気をつけなさいよ!!」


といきなりご叱咤されたのだ。

なかなかはじめて会う人にそんな風に言われる経験もないのでドキッとした。



そのとき私は離婚の真っ最中だった。

精神状態は表向きは明るく振舞っていたが、見透かされた気がしてドキッとしたのだ。



あのお母さんがそう言うのか。。



何気に病院では治らないと言われたのは、ここに来て、四度目。

四度目の正直か。



でも、きっと間違っていない気がするよ。

世の中にはいろんな人がいるなぁ。



私の病気は私が治す。

諦めない。