カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

ドウシヨもない落ち込みと凄腕の鍼治療、仕切り直し

タンパク尿 消え気味

潜血 不明

病み上がり



年明けの大デトックスだった。高熱は一時期39度、38度の熱もずっと下がらず。

先月尿とタンパク尿がひどい。

ああ、やってしまった。。寿命が縮まっていくよ。オシッコをみるたびにうなだれる。


そして舞台本番もある。

恋人問題は終結しないし、一緒に住んでる相方には嫉妬されてなんだか状態がおかしくなるし、お店をどうするかの問題もせっつまって、なんだかなにもかもうまくいかない感じだった。


おまけに彼は扁桃腺炎になった。

iga腎症にとって最も避けなければならない扁桃腺炎。どうしたらいいの。。私も喉が痛い。

でも看病したい。私のせいだ。


気持ちだけは落ち込むまいとなんとか精神に鞭を打って、舞台本番は微熱ながらこなすことができた。クラクラする。自分の身体が悔しい。


ああ、病気じゃなければ!!と思うことがたくさんある。

私だって本当はこうしたい!

前だったらできたのに!!


そんな気持ちに襲われる。

「もう治ったんですか?」

と言われるたびに。


どうしょもない気持ちになる。

恋愛ですら、自信がなくなる。

もっと一緒にいろんなことしたいのに。

身体がもたない。

わたしといるよりも。。


誰かと比べて、ひとりになりたくなってしまう。自分の人生に誰かを巻き込むことが、苦しくなってくる。

身体の調子がもどらないことが本当に不安で仕方なかった。どんどんこうしているあいだに悪化しているのが体感でわかるからだ。



恋人とも喧嘩をして、突き放した。

今日は鍼治療の日。

どよんとした顔をして、治療にむかう。

そんなわたしの脈をみて先生がひとこと。


「何があった?あんたの脈は全てがぐちゃぐちゃになってる。これはひどい。こんなんじゃダメ。」


「そうですか。精神的に落ち込むことが多かったんです。どんな感じですか?」


「まずは肝臓がダメだ。これは食べすぎ飲みすぎもある。全体のバランスをよくしないといけない。あなたの身体は正直で素直だから、鍼をうってみよう。」


みるみる先生は鍼をうつ。

いつもより痛く感じた。


「ほら、バランスとれてきた!ここも。ここも。ここも。肺も全部の脈がみえてきた。」


この人名医だな、とおもった。

そのあと首の変なこりも肩凝りも全部治してもらった。


「腎臓は最後に治る。まずは全体のバランス。

絶対に12時過ぎて寝てはいけないし、食べ過ぎもだめ。それに休まなきゃ。無理を本当にしないで。いま、治さなきゃあなたはまだ人生が長いんだ。手術して局所的にとったところで一時的なものだよ。人間の体に無駄なところはひとつもないんだ。必ず、免疫にかかわってくる。

だから、全体をよくするんだ。いいね。あなたは治る。必ず、来るんだよ。」


はい。。。

白菜と大根をよくたべて。。


精神が穏やかになった。

心配した友達が一緒にごはんをつくって、たべてくれた。


友達夫婦の新婚旅行の話を聞いていると、身体と心が軽くなった。


「はなちゃんがこんなふうに落ち込むところはじめてみたよ。いつもはどんなときもはい上がっていこうとしているのがみえるけど。。

いまは、どんどん落ちていってしまいそう。本当に大丈夫?」


そんな風にみえるんだな。

悲しいけど、きっとそうなんだろう。

いや、負けられない。

こんなところで諦めたら、生きるのを諦めるのと一緒。

たとえ、ひとりでもわたしがわたしを諦めるわけにはいかない。



自分のことは自分で責任もつしかないんだから。カラダノコエを聞くのもわたし。

選ぶのもわたし。

全部まるっと捨ててしまったっていいじゃないか。

いまのわたしに何ができる。

なにももっていない。

なんの約束もできない。

生き延びることだけ。


しぶとく。

強く。

しなやかに。


一瞬でも病院に頼ってしまおうかとおもった弱い気持ちを打ち消した。

まだわたしはわたしとたたかっていない。

こんなもんじゃない。

ちゃんとやることやって、カラダノコエをきいて、納得するまでカラダと向き合ってもダメだったら、手術でもパルスでもやればいい。


何もしていない。むしろカラダノコエを無視して、痛めつけてまた悲しませた。

勝手な自分の世界のなかで。

身体は幸せに元気になりたいはずなのにごめんね。落ち込んでばかりでごめんね。



ちゃんとしよう。

また再スタートだ。

治すんだから。



誰がなんと言おうと、わたしはわたしの世界で絶対に治してみせる。

カラダノコエをきく 高熱が下がらない理由

朝から高熱がでた。めずらしく38度超え。

タンパク尿、潜血尿共にまあ、悪い。

一昨日の病院で、風邪かインフルを拾ってきたのかもしれない。


腎生検をしてからのこの半年以上、かぜという風邪はひかなった。気をつけていたのもあるし、穏やかな日々だったからかな。


しかし、久しぶりの熱よ。

立てない。

でも、頭は明晰。

咳も少々。

一緒に住んでる相方は35度8分しかない。

でもだるいらしい。


心配した彼が会いにくる。

うつしたくないんだけど、大丈夫だという。

やはり免疫が高い人は信念も強いのだろう。

差し入れをもらう。

たまにはぜいたくぷりんを。



腎臓病に高熱は最悪だ。薬のみたくないし、グロブリンたちは荒れ狂うし。

ミサトールはしみまくるし。

ビワの葉で何度もうがいする。



日本酒塩風呂に入ってみる。

ちょっとスッキリする。

明日は大事なリハがある。

何としてでも熱を下げたい。



でも、この熱がでたのには心当たりがある。

たぶんわたしは心で拒否したいことがあったり、身体で拒否したいことがあると、勝手に熱がでる。

頭で考えてもどうにもならないときは特にそう。



だから、納得している。

罪悪感に耐えられないから、身体がわかりやすい理由を作る。身体が心を守ろうとしている。

そんな感じ。



カラダノコエは正直すぎる。

もう少し鈍感でもいいのになぁ。



潜血反応が一番減っていた生活に戻さなきゃな。まずは、この熱をさげて。

好きな人たちと心地よく、真っ直ぐな気持ちで過ごすことができれば、病気が全部治りそうな気がする。



だって、それって一番自然なサイクル循環だもの。根本がそうであれば全ては繋がって、動きそうだ。特に私みたいに精神と身体がプラグインしやすい人は。



でも、まだまだまだ前途多難な出来事が盛り沢山でもあって。逃げるわけにもいかなくて。

心が折れないように、いつも小さなことに感謝できる自分でいよう。

最悪の検査結果とツイン君にブログがばれたこと

T病院の結果は散々だった。

潜血尿が数値がでないほど多数。

それ以外も惨敗だった。



いつもは優しく、わたしを尊重し続けてきてくれた唯一の先生が厳しい顔をする。



「ここまでの結果がでてるとなると、、入院に踏み切りましょう。どうですか。」


「先に扁桃腺摘出ですか?!効果は出る人とでない人がいるんですよね。。」



「そうです。やってみないとわかりません。

でもいまの状態を続けるリスクよりは。。」



「それに、パートナーとは結婚されたんですか?お子さんは欲しいんですか?」


…。


うーん、、、。この4ヶ月が目まぐるし過ぎた。想像をはるかに超えた出来事の数々にわたしの身体も心もまだ追いついていない。



食事も生活スタイルも。

なによりも精神的にジェットコースターのような出来事が起こりすぎて、本当にしんどかった。



そしてまた、この病気の根底にあるものにも向き合いざるをえなかった。

何故、わたしがこの病気になったのか。



わかっていたけども、それでも心の見えない奥底に沈めていた様々な過去の出来事を追体験することになった。




それは傷口をえぐられるように痛くて、苦しくて、逃げ出したいことばかりだった。

もう、いいよ。

みたくないよ。

折角、穏やかに暮らしていこうと思っていたのに。。病気だけで十分だよ。



何故、今頃こんなことが起きるの?

どうして、前向きに頑張ろうとしていたのに。。。



そんな感情の揺さぶりが毎日のようにあった。

でも、きっと今しかないタイミングで起こったんだろう。

そしてまた、わたし自身の魂の叫びが呼び起こした出来事なんだと思う。自分の魂の成長と進化をするために。

超えられない壁を自分で設定するはずが無い。



ツイン君はわたしのこのブログを探し当てた。

この世界はみえない空気を吸って生きてるくらいだもの。みえない現象のほうが、あたりまえのことなのかもしれない。



テレパシーのような感覚やシンクロの数々を

お互いに体験してきたツイン君は、何度も同じことを繰り返しながらも、再びこのタイミングでわたしの世界に真っ直ぐにはいってきた。人生の大きな分岐点で。



わたしは自分の心に嘘をついて、随分長い間沈めてきた感情を押し殺すのに必死だった。

自分の心に嘘をつくたびに私の身体は蝕まれていった。そして、周りも傷つけてしまった。

それは自分が弱かったからだとおもう。




けれど10数年と月日を経て、「カラダノコエをキク」今のわたしにとって自分の身体と心にもう嘘をつくことはできなかった。



だから、この4ヶ月は沢山泣いて過去の大浄化のような日々だった。でも、とても幸せで満たされる時間もたくさんあって。



傷つけたくなくても、傷つけてしまう人がいて。病気であることを忘れるように暮らしながらも、精神と肉体は繋がっていて。



泣くたびに腎臓が痛かった。

だから、きっと身体はそんな積み重ねを耐えてくれていたんだな。



まだ、何も解決していないけど。

運命や宿命は面白い。

そして自分次第でいくらでも選べる。

そして、目に見えぬ大きな力に委ねてみる。



またここから新しいスタート。

もう、沈めているものはないもの。

私の心に正直に、生き延びるための術を探し直そう。



愛する人のエネルギーはとても不思議だ。

カラダのエラーは循環していないから起きる。

心も身体も循環して、正しい位置に戻すだけのことだ。




きっとできるはず。

わたしは本当に恵まれいる。

自分は何ももっていないけど、たくさんの人に愛をもらって生かされている。



だから、きっとひとつひとつ整理してシンプルに進めばいい方向がみつかるはず。

何よりも自分自身が納得しながら、選んでいくこと。



愛するひとたちを本当に大切にするために。

自分がしっかりしなきゃ。がんばろ。