カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

Bスポット治療の転院 直感に従ってみる

iga腎症は上咽頭が病巣であることがあるという。

上咽頭炎は、大方見逃されているという現状らしい。Bスポット治療という、ツボ的な方法が有効だがいかんせん、行える耳鼻科が少ないという。


4月くらいから、東京のBスポット治療に通い始めた。いい先生だとは思うが、場所がすこぶる遠いのと先生が無口なのであまりやる気を感じられない(笑)あと、なんだかあてずっぽな気がするのだ。2回目くらいからうすうす感じていた。



それでなんだか治る気がしない。

治る気が湧いてくる医師にみてもらうことが大切だ。思い切って転院してみた。

こっちは予約が全然取れず2週間待った。



人気なんだな。勝手に愛想がよいとおもっていたが待つこと1時間。予約時間もあてにならない。つまり、診療に時間をかけてくれるのかしら?などと良い方に考える。



呼ばれて説明する。意外と印象は、怖い感じの先生。

仕事はできそう。まあ限られた時間の中で必要なことをやるためには、無駄を削ぎ落としていかねばなるまい。



転院してきたことは内緒にしておいた。

はじめから、みてもらいたいのである。



先生はテキパキと鼻をみると、早速Bスポット治療をはじめているではないか!


早っ。。

説明なし。


まあ、いいや。



「たいていの医者はあてずっぽでこの治療をやってることが多い。僕はカメラをいれながらみながらやる。君は左の鼻がひどく曲がってて、普通の方法じゃ、奥まで届かないな。」



え?そうなの、、。

どうりであんまり血がつかなかったわけだ。



動画をみせられる。

やばい、めっちゃ出血してるではないか!

なんだか炎症してそうな皮膚の色。

しかも、猛烈に痛い!涙がポロポロでてくる。



先生曰く、

「本当はこの奥にもいれたいけど、今日はできなかった。曲げた綿棒が必要そうだ。1年とかそれくらいかかる覚悟できてね。今日1日は熱がでたり、怠いかもしれない。」



質問してみた。

「この上咽頭炎が影響して、咳が出てる可能性はありますか?」



「大いにあるね。」

おお。やはり。



腎生検の病院では、関係ないと言われたけど、絶対あると思う。

ミサトールリノローションを購入して、終了。



結果的に転院して正解だった。

同じことをしていても、やはり考え方、合う合わないがある。

直感は素晴らしい。



何かちょっとでもうん?とおもったら、鵜呑みにしないで比べることも大切かもしれない。




今日はそのあと、麻で大麻飾りをつくってきた。瞑想しているみたいで、とてもよかった。