カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

婦人科にて卵巣年齢を調べてみる iga腎症

いよいよ難病申請をした。

とりあえず、友人の検査技師のアドバイスに従って、セカンドオピニオンも受けてみようとおもう。


それはそうと、私は37歳。親友の助産師に散々卵巣年齢の話をきいた。子供が欲しいならとにかく、急げ!と。


しかし、iga腎症になってしまったら、妊娠は寛解するまでやめたほうがいいというのが医師の診断。まあ、そうだろう。おまけに糖尿もあったら、ますます母子共々リスクが高すぎる。


授かりものだし、ダメならダメでそういう人生を受け入れるしかない。しかし、とりあえず婦人科検診で医師のごり押しの体外受精やら、卵子保存の話がでたので、卵巣年齢を調べてもらった。


血液検査でわかるらしい。便利だ。西洋医学の得意とするところだな。

結果をききにいく。意外とドキドキする。


「喜ばせるつもりはありませんが、実年齢より卵巣年齢は若いですね。」


数値の基準についての説明をうける。

大体1年に0.2くらいずつ、卵巣機能が落ちるらしい。しかし、突然悪くなる人もいるし、ずっと横ばいの場合もあるらしい。



iga腎症と似ている。体の仕組みは共通しているのだな。



とりあえず、私の卵巣年齢は33歳くらい。4年分若いらしい。


「なにか食べ物とかきをつけてますか?」

と先生。



「腎臓のためにも毎日ヨモギ湯にはいって、暖めているのがよかったような気がします。食べ物も最近はめっちゃ気をつけてます。」

と答えるわたし。



「そうかもしれないですね。とりあえず、様子みていろいろパートナーとも相談されて3ヶ月後にまたお話ししましょう。」



よかった。なにやら生理痛も最近軽いし、調子がよいとは思っていたが卵巣年齢は若い。

日々の積み重ねの結果がでているに違いない。



まあ、とはいえiga腎症なのですぐには先に進めないが。人生の大転換はどう動いていくのか全く読めない。



目標は卵巣嚢腫とポリープを消すこと。

それに、iga腎症を治すこと。



心身共に、軽やかに健康になること。

今日からヨガをはじめた。

心の歪みも偏りもとれるらしい。いいじゃないか。いままでヨガは全く興味がなかった。


しかし、なかなかよかった。自律神経や呼吸法。iga腎症や免疫系に効果ありそうだ。

中村天風先生の本も購入した。


今日から更に心身共に鍛えるのである。