カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

魔に堕ちたとしても、1分1秒の誤差もなく完璧な世界。

映画の撮影だった。

難病の役だから、闇と向き合う。

取り繕った自分を演じる。


ナレーションの台詞も今の自分

そのものだったりする。


でもなぁ、すべては完璧なのかも

しれないって最近思うんだ。


1分1秒の差もなく、完璧におきている。

それに人生はわたしの願った通りに実現しているとしか思えない。



病気になったのも。

わたしが選んだことだ。

きっと超えられる。



わたしはわたしの選びたいものを

選べる。

運命は宿命的であり、自由でしかない。



わたしは何を選びたいんだろう。

ワクワクすることを選びたい。



最近、伴侶が魔に落ちた。

満月の夜、人が変わったように魔に落ちた。

ネガティヴな闇のエネルギーに偏りすぎて、

自分の軸が乗っ取られているようだった。



支離滅裂な心も身体もズタズタに傷つける言葉を浴びさせられて、わたしは本当に哀しかった。彼の本質に眠る恐れをみた。



でも、わたしはこの感覚を知っている。

わたしもこの世界に堕ちたことが

あるからだ。

どうにもコントロールできない感情の

スイッチは脳内に地図をつくる。




わたしはどこかで死をのぞんだし、

相手を責めて、自分も傷つけた。

伴侶をみながら、過去の自分をおもった。



そっちへいってはいけないんだ。

自分で選んだエネルギーは増幅する。

わたしの腎臓は痛いといってるような気がした。



スピリチュアルなことをいうと

前世に縛りつけられた人によく会う。

それは、時に支配的で確固たる自分の軸が空洞のようになっているようにみえる。



普段は笑顔で優しくて、いい人で平和的で社交的にみえても、真逆の性質をもっていたりする。最近、そんな人にもたまに会う。



自分が信じたいものが真実なわけで。

UFOをみたことないひとにいくら、その話をしたって通じないわけで。

みようとしなければ、みえない。



病気の治療法も実はおどろくほどたくさんあって。自分が心の底から響けば、トンデモといわれる治療法だって効果がでることもある。



最近は波動治療に出会った。なかなか面白い。

来週トライしてみよう。

それにしても、無意識にしろ意識的にしろ選んだことが現実化しまくっている今日この頃。



現れてくることをただ楽しみに待てばいいのかもしれない。最近、恐れに傾きすぎたかも。

もういいや。どうにかなる。



前世よりも来世よりも今世よりも。

今。

いま、楽しい時間過ごせてるのかな、ワクワクできているのかな?



そんなことに集中できたら幸せだ。

ひとりでもできる。

病院は治るし、素敵な未来が待ってる。



伴侶の問題はわたしの問題。

わたしがわたしを尊敬して、大事にできていれば彼も不安になることもなくなるはず。

まずは自分の建て直し。



頑張ろう。

きっと新しい風がふく。