カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

新月と未来と病気とシンクロニシティ

生理中なので、尿検査はおやすみ。

喉はイマイチ。

ミサトールリノローションは続けている。



今日は新月。

月の暦は、身体に呼応している気がする。

生理の周期や、海の満ち欠け。



シャーマンたちにきくと

いまは過去の清算の時期みたい。

ブアーッと過去を想起させる出来事があったり、意味もなく落ち込んだり。




そういうことが起こりやすい。

3月は卒業シーズンだしね。

きっともう自分に必要のないものは

卒業させなきゃいけない時期なんだろうな。




3月は忙しすぎて、全然治療にいけてない。

Bスポット治療。

明日はようやく針治療。

寝不足は相変わらずだから、怒られそうだ。




でも、心の変化はあった。

過去からのこれでもかっていうほどの揺り動かしにあって、泣いたり怒ったり、不安定になることがたくさんあったけど。




もういやだ!逃げたい!って。

病気のことも。

全部がいやになるくらい、自分が弱気になることもあったけども。



なんだか超えた気がする。

過去の積み重ねがこの病気を呼び起こしたわけで、向き合いざるをえなかった気がする。




私の場合は自己不信だったり、自己否定が本当に強かった。自分を許せないから、相手を許せなかったり。自分に自信がないから強烈な嫉妬をしたり。自分は足りてない!ってずっと責めてた気がする。




いまも全然完璧じゃないけど、素直になった。

シンクロニシティがたくさんおこる。

あのときのことはいまのためにあったんだと思えるような出来事にたくさん遭遇する。




でも、それを気づかせてくれる鏡のような存在がいてはじめて過去が塗り替えられた気がする。もちろん、自分で塗り替えていったんだけども。



過去は変えられないわけじゃなくて、フォーカスが変われば過去は変わる。でも口で言うほど簡単でははくて、体感が必要で癒しが必要でとっても複雑で、でも、、シンプルだ。




私の鏡のような存在は、神様のような存在だと思っている。彼はもちろん人間だけど、体感を通じていろんなことに気づかせてくれる。




日々を生きる過程にたくさんの散りばめられた

パズルのピースのようなものが落ちていて、

それを見落とさないように丁寧に生きる。




最近はなんだか未来のパズルが見えてきた気がするんだ。この病気が治るっていうイメージも。必要のない思い込みは捨てて、実現したい未来をみる。想像する。




もし裏切られたらとか、その通りにならなくて失望するのが怖いとか。

そういう感情ももちろんあるけども。




でも、想像するのは自由だから。

自分で自分に優しく、丁寧に生きなければ、他の人にも優しくできない。




私が求めたことが必ず現実に起きている。

だからこそ、自分の思考に気をつけなきゃ。

シャーマンがわたしの体はサンプルだという。




三次元だろうが、多次元だろうが。

自分が信じたいものが世界をつくる。

否定したところで何も始まらない。

この宇宙はまだ未知なことで溢れているのだから。いまの常識は何年後かには非常識かもしれない。




それならば、可能性を信じることで、何かが広がるほうがよっぽど心がワクワクする。だから、わたしはこの新月にそれを選択する。



愛したい人を愛するし、信じたい人を信じるし、目に見えないものも見えるものも。




大切にしたいものを大切にする。

誰に何を言われようと、わたしはわたしの人生の舵を自分でとる。

今日もありがとう。