カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

iga腎症を治すべく、衣食住を変える旅

今日のごはん

フムス

サラダ

ノンシュガーマフィン


潜血尿 +2

タンパク±


旅行にきている。

目的は移住先を探しに。

iga腎症を治すべく、色々模索した。

やはり、生活スタイルを整えるには、衣食住が大切だということに行き着いた。


自然と共に暮らしたい!

東京ではなかなか実現しない。

それで移住先をさがすことにした。

来月からは東京でcafe & spaceをやりつつ

近郊地でリセットできる場所をさがしたい。


わたしの想いをきいて、親友と彼氏たちが賛同してくれ、共に移住したいといってくれた。ありがたい話だ。



しかし、病気を抱えての旅行はなかなかハードルが高い。特に旅行先での食べ物は難しい。

そして、他のメンバーは健康なわけだし。



夜更かしもしたくない。だいじょうぶかなぁ、、心配しつつ、とりあえず空気と水が綺麗で野菜も美味しい長野周辺を巡ってみることにした。




生憎の雨だったが、やはり自然が美しい。空気を吸っているだけで元気になりそう。




ごはんはなるべく産地のオーガニックレストランにいった。野菜が美味しい。

都会のストレスフルな仕事ではなく、暮らしにそった仕事をさがすべく、長野県庁さんにもプレゼンをしにいった。



とても協力的でたすかった。



東京から移住した人たちや、衣食住にこだわった仕事のひとたちのお店を中心にめぐり、お話をきいた。



みな、とても真摯に相談にのってくれ様々なアドバイスをくれた。

行動してみないとわからない。

これは私の人生の鉄則。



出会いが出会いを呼ぶ。いつも思うけど、この現象は面白い。

情熱が伝われば、足りないところを補うように助けてくれる人がいる。



人間のエネルギーはもっとうまく活用できるはずだ。わたしの体も喜んでいる気がした。



いつもの食事とは違うが、なるべくレストランでもドレッシングを別にしてもらったり、塩をかけずに焼いてもらったり、事前にお願いするようにした。



「あの、腎臓の病気で塩分制限がありまして、すみません」



といってみると、意外に親切な方々が多く対応してくれた。海外のレストランはかなり融通がきくところがおおい。宗教や人種がそれぞれでちがうので、個別対応のカスタマイズ文化が発達している国が多い。



日本にも増えるとありがたい。

ないなら、自分で作るまでだ。



タンパク尿 は±にもどり

潜血尿も+2までもどった。

潜血尿の反応も鈍くなってきた。

いい感じである。



なるべく夜23時までに就寝したおかげか、澄んだ空気のおかげか、喉の調子はよくなってきた。


まずはiga腎症を治すべく、食と住を整えたい。情報収集と行動あるのみである。