カラダノコエをキク

iga腎症と境界型糖尿病。卵巣嚢腫も再発してカラダのエラー全開中。人生を大転換します。

iga腎症 若い女優さんの言葉に感銘をうけたこと

ダンサーの仕事はストップしている。今日はお馴染みの女優さんと別の仕事をした。

入院をしていた話やiga腎症という難病になったことなど話す。


彼女はまだ20代で若く美しい。肌も綺麗でモチロンTVでも活躍している。表の世界でみれば、華やかで美しく、なんでも満たされているかのようにみえるかもしれない。


しかし、彼女が思いがけないことを言った。

幼少期から壮絶な環境で育ったこと。

周りが幸せそうに遊んでいても、自分は家族のために働いて一度は就職したこと。

彼女は22歳という若さで、あと何日で23歳になってしまうか数えているという。


自分が遊びたくても遊べなかった時期や、やりたいことができなかった時期を取り戻すためにも1日1日が本当に貴重で誰よりも濃厚に過ごしたいという想いが強いのだという。


どうでもいい話や愚痴を聞く時間が勿体無くて、家で自分のために本を読んだり映画を見る時間を優先しているという。

彼女の話をきいていると、地に足のついたミニマムな生活をしているのがわかった。


「寝不足したり、0時すぎてとか、遅い時間に寝ると次の日か辛いんです。頭いたかったり、ほんとに効率が悪くて。だから、少しでも早く良い睡眠をとって、良い自分でいたいと思うんです。肌も荒れるし、いいことはないから。」


やはり、美しく凛としているひとは生活も整っているんだなと正直におもった。

わたしは無理をしたり、ひとに合わせて、頑張りすぎて、結果身体の声も聞こえなくなった。


彼女は自分にとって必要なことが明確で、どんな環境であれ、自分に厳しく、進化し続けようとしている。とても感銘をうけた。



年齢じゃないなぁ。

生き様がカッコいいひとは何歳でもカッコいい。彼女のことはこれからも応援したいし、なんとかしてわたしもこの病たちを治癒せねば。



無理をしないって、簡単そうでむつかしい。

昭和の人間だからかしら?

スポ根時代の名残で頑張りすぎちゃうんだよな。



もっとミニマムに生きたいな。